‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

待遇面など

2014/11/05

皆さんは現在、社会人として働いている方も見えると思いますが現在お勤めの会社生活にはどれくらい満足されているでしょうか。

 

会社においては様々な部署がありまして、それぞれに会社を経営してゆくのに必要なのですが、例えば技術などの部署は会社の将来を決める上で大きな影響を及ぼしてゆきますし、また工場などで働く方は製品を作りそしてこれを販売しなければ会社としての売上げになりませんので、大切な部署になります。

 

これ以外にも多くの部署がありまして大きな会社になればなるほど、専業化してきて特定の分野においての仕事に特化されてゆきます。

shopping03_m

そして現在の仕事に満足出来ない方はやりがいの問題や職場での労働環境、または待遇面での内容が多いのです。

 

そしてこれらの悩みは医療の分野においても同様に有りまして、例えば薬剤師の方は薬の処方などで大切な役割を担っているのですが、この薬剤師転職のきっかけとしては、待遇面などにおいて高い給与が支払われる病院や会社などの存在がありましてこれらの会社の情報を入手しますと考える事となります。

 

また薬剤師転職のきっかけとしてその他においては、職場の労働環境などが有り、大きな病院においては夜勤などの対応もせざるを得ない事もあり、出来れば労働時間の安定した職場を希望したくなります。

 

そしてこれ以外においても職場までの通勤時間が長く必要になるとか、病院自体の経営が思わしくない事も薬剤師転職のきっかけとなり得るのです。

ライフスタイルと薬剤師転職の比較方法

2014/11/05

日本の医療業界については、高齢者医療費の増加により、多くの課題を抱えています。

 

自分の能力や資格を生かして仕事をすることは、やり甲斐とモチベーションを高めることが出来るため、社会人にとっては大変良いことです。

 

このような仕事に恵まれる場合にはその仕事を続けることが一番ですが、実際にはそのような仕事に恵まれることは少ないのが実状です。

 

特に薬剤師については、様々な種類の薬の中で患者に最適な薬を調薬するのが仕事ですが、ほとんどは医師の処方の範囲での調薬になります。

 

そこで、やり甲斐と収入を得るために、薬剤師転職の比較をすることで、やり甲斐のある職場を見つけることが必要になります。

 

まず、薬剤師転職の比較については、どのような人生設計をするかによってその基準が変わってきます。

 

安定を重要視するのであれば、総合病院などの医療機関への転職が第一の選択肢となります。

 

一方で、直接患者さんとのコミュニケーションの中で最適な市販薬を販売したい場合には、ドラッグストアなどに勤めてドラッグアドバイザーとして働くために転職先を選ぶ必要があります。

 

さらに、収入を重要視する場合には、自ら調剤薬局を開業することで、経営手腕を発揮して打開利益を上げることも可能となります。

 

また、最近ではジェネリック薬品と呼ばれる、特許期間が終了した薬品について安価に販売することも可能であり、患者さんの負担軽減のために積極的にジェネリック薬品を使う薬局を開業することも一つの選択肢です。

 

このように、薬剤師転職の比較によって、これからの自分の仕事やライフスタイルに合った選択肢を選ぶことが出来るのです。

厚生労働省が考える薬剤師アルバイト

2014/11/05

医師不足の声を聞いて、かなりの年月が経ちます。

 

厚生労働省はこれに対して、少なくても慢性的な疾病を抱えている患者に対しては、薬剤師が対応できる体制を整えようとしているようです。それと、特定保健指導が義務化されています。

 

特定保健指導を行うのは保健師とありますが、現実はあまりにも人が不足してます。

 

厚生労働省により資格を与えられた保健師の数が足りないのが現状です。

 

本来、公衆衛生活動を行う地域看護の専門家の役割は保健師にあるのですが、この役割を看護師や薬剤師に担わせるよう厚生労働省は検討しているようです。薬剤師の需要は増すでしょう。薬剤師アルバイトの必要性を感じてしまいます。

 

また、医師から処方された点滴の内容確認や管理や患者への説明などは、本来薬剤師の仕事でありますが、看護師が担っています。

 

看護師も不足していますから、薬剤師の需要は大幅に増える可能性があります。薬剤師アルバイトの必要性を感じます。

 

また、薬科大学は都市部の集中している為、卒業後も学生時代の六年間過ごした都市部に居ついてしまうので、地方は慢性的な薬剤師不足だとも言われています。

 

大きな病院は、その殆どが都市部にあります。

 

次々と薬科大学が増設されてはいますが、つまり地方は医師や看護師と共に薬剤師も不足していると言ってもいいのではないでしょうか。

 

やはり、薬剤師アルバイトの必要性を感じてしまいます。

 

見かけ上供給過多になっている薬剤師が、折角資格を持っているにもかかわらず薬剤師としてではなく働くことが多いようです。

仕事内容を確認しよう

2014/11/05

薬剤師アルバイトの基礎知識について解説します。

 

薬剤師といえば病院や薬局で薬を調合し処方箋の通り薬を処方してくれる人、医薬品や薬の調合について詳しい人というイメージを持ちますが、薬剤師は高度な専門職であり、薬剤師国家試験へ合格しなければその称号を得る事はできません。

 

国家試験を受けるにも6年制大学で薬学の課程を修了し卒業をしなければならないとか4年生大学で薬学の課程を修了し卒業した後は2年以上大学院で薬学の課程を学ばなければならないなど、薬剤師への道程は簡単ではないのです。

 

アルバイトとはいっても薬剤師アルバイトには薬剤師の資格がなければ働く事ができません。

 

それだけに薬剤師アルバイトの時給がなぜ高いのかが頷けます。

 

薬剤師が活躍する所は、薬局、病院や診療所、医薬品を製造、販売する企業、医薬品を販売する一般の店舗そして学校などがあります。

 

学校には学校設備の衛生管理を行うために薬剤師を置かないといけないとの定めがあるのです。

 

中でも身近な薬剤師といえば薬局や病院で医師が作った処方箋をもとに薬を調合する人ですが、様々な所で活躍している事が分かります。

 

また、薬局ならば薬の調合等が多く薬剤師としても経験が積める反面、ドラッグストアなどの医薬品以外の品物も販売している所では薬剤師としての仕事以外に食料品や飲料などの重い荷物を運んだり商品の在庫管理をやったりと、薬剤師アルバイトとして描いていた仕事とはかけ離れた仕事をする場合もあるので、仕事内容についてはよく確認する事が大事です。

薬剤師求人の必要性とメリット

2014/11/05

薬剤師求人の必要性は、薬を取り扱うところなら必ずあると思います。

 

薬剤師とは、薬を取り扱うことができる職業で、医薬品と言われるものは薬剤師がいないところでは販売ができません。

 

そのため、薬を販売したい場合には、自分が薬剤師であるか、もしくは薬剤師を雇う必要があります。

 

現在では病院の他にもドラッグストアが沢山あり、その数だけ薬剤師が必要になっていますので、求人はとても多くなっています。

 

特に都市部では薬剤師求人の必要性が高く、常に人手不足の状態になっています。

 

そのため、薬剤師の待遇は良く、給与も高い傾向があります。なぜ薬剤師の数が少ないかと言いますと、薬剤師の資格を取るのが難しいからです。

 

まずは大学の薬学部に入学する必要がありますが、薬学部の定員は少なく、入学するだけでもかなりの困難です。

 

そして、大学を卒業するだけでは薬剤師の資格は手に入らず、資格試験を受けることができるようになるだけです。

 

薬剤師の資格は国家資格であり、取得している人も少ないのでとても価値のあるものです。

 

こうして薬剤師の資格試験に合格して、やっと薬剤師となれるのです。そういったこともあり、薬剤師の資格があれば、現在では仕事探しに困ることもないと思います。

 

薬剤師求人の必要性は、薬を扱うお店でしたら常に考えていることで、短時間のアルバイトでも募集しているところもあります。

 

他に本業がある人でも行いやすい仕事ですので、薬剤師の資格を持っている価値はかなりのものがあります。

薬剤師求人の特徴

2014/11/05

薬剤師求人の特徴として、薬剤師の仕事は色々な職種や業種があります。

 

例えば、病院での勤務や、調剤薬局、ドラッグストア、または企業での仕事など、かなり色々な職種や業種があります。

 

求人探しをするときも、この広い範囲から仕事を見つけることができるので、大きなメリットでもあります。

 

薬剤師求人の特徴としては、求人探しはどのような方法でも見つけやすいとゆうことが言えます。

 

例えば、ハローワークを利用したり、求人情報誌を利用したり、インターネットを利用したりと、様々な方法で求人探しをすることができます。

 

このように色々な方法で求人探しをすることができると、それだけ仕事は見つけやすいものです。

 

薬剤師求人の特徴をしっかりと把握して、上手く自分の仕事を見つけることが好ましくなります。

 

仕事探しをする前に、どのような仕事をしたいのかを考えると、仕事探しがしやすくなります。

 

例えば、職種や業種だけを考えても、かなり広い範囲で仕事があるため、ある程度目標を絞らなければ、中々仕事を選ぶことができない場合があります。

 

そのため、自分の中で目標をしっかりと定めて仕事探しをすることはとても大切なことになります。

 

薬剤師の求人は、どのような方法でも見つけやすいですが、職種や業種によっては、上手く見つけることができない場合もあります。

 

 

そのため、状況に合わせて上手く求人探しの方法を変えることも必要になってきます。そうすることで、目的の求人は見つけやすくなります。

失敗しないための薬剤師転職の重要ポイント

2014/11/05

薬剤師が転職を考える理由は、様々にあります。

 

ですが主だった理由として、会社の将来性や可能性に疑問を感じた、給与に不満があった、勤務地や勤務時間などの勤務条件の不満、といった面がほとんどです。

 

逆に言うと、そういった不安を如何に解消するかが、薬剤師転職の重要ポイントと言えます。

 

給料アップを求め、転職したはずが結局はアップしなかった、或いはダウンしてしまった、というのでは意味がありません。

 

なので転職を実行する前に、キャリアアップや給与アップという自分の希望を本当に叶える事が出来るのか、をしっかり判断する事は、薬剤師転職の重要ポイントと言えます。

 

実際の所、現在はドラッグストア等が急激に増え、薬剤師の需要はかなり高まっています。

 

多くの現場で、経験ある薬剤師というのを求めており、転職先選びに失敗しなければキャリアアップに繋げる事は可能です。

 

そのため、薬剤師に関しては年齢の若さという点は、それ程重視されない傾向にあります。

若さよりも、経験を買うという面も大きいのです。

 

そういった部分は、他の業種と少々環境が違っており、この点も薬剤師転職の重要ポイントだと言えます。

 

年齢を言い訳にしてズルズル不満を溜め込むよりも、思い切って転職の道を選択するのです。

 

しかも多くの求人サイトでは、薬剤師の求人を数多く扱っており、中には薬剤師の転職の専門サイトもいくつかあります。

 

そういったサイトを利用し、出来るだけ多く自分の希望にあった職場を見付け出し、比較検討する。

 

その比較検討こそが、失敗しないための薬剤師転職の重要ポイントです。

薬剤師の制度

2014/10/16

薬剤師アルバイトの基礎として、先ず薬剤師の資格がなければなりません。

 

薬剤師の資格は、大学で薬学の勉強を六年間し、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。

 

薬剤師国家試験は、厚生労働省が行う国家試験です。

 

そして、やはり厚生労働省が管理する薬剤師名簿に登録することにより、はじめて薬剤師の資格が与えられ、薬剤師としての活動ができます。

 

合格率は国家試験としては低くないのですが、薬学の勉強を六年間した人が受験するのですから、決して楽なものとは言えないでしょう。

 

似たような資格に登録販売者というのがあります。こちらは公的資格です。

 

民間団体などが実施し文部科学省や経済産業省などが認定したものが公的資格です。

 

登録販売者は、基本的には薬局では働けません。

 

 

登録販売者は第一類の薬品を扱えませんので、コンビニエンスストアーなどで第二類までの医薬品を販売することが活動のメインとなります。

 

薬剤師アルバイトの基礎として、このあたりをふまえてください。

 

薬剤師の制度がいくつかありますので、挙げておきます。

 

漢方薬生薬認定薬剤師、実務実習指導薬剤師、小児薬物療法認定薬剤師、認定定薬剤師などです。

 

これら薬剤師の制度を考慮することによって、より高額で安定した収入が期待できるでしょう。

 

しかも、勤務先が衛生的であるのもいいですね。

 

薬剤師はアルバイトとしての勤務が可能です。

 

薬剤師アルバイトをする方は、このような薬剤師の制度を頭に入れておくのは、重要なことかもしれません。