仕事内容を確認しよう

薬剤師アルバイトの基礎知識について解説します。

 

薬剤師といえば病院や薬局で薬を調合し処方箋の通り薬を処方してくれる人、医薬品や薬の調合について詳しい人というイメージを持ちますが、薬剤師は高度な専門職であり、薬剤師国家試験へ合格しなければその称号を得る事はできません。

 

国家試験を受けるにも6年制大学で薬学の課程を修了し卒業をしなければならないとか4年生大学で薬学の課程を修了し卒業した後は2年以上大学院で薬学の課程を学ばなければならないなど、薬剤師への道程は簡単ではないのです。

 

アルバイトとはいっても薬剤師アルバイトには薬剤師の資格がなければ働く事ができません。

 

それだけに薬剤師アルバイトの時給がなぜ高いのかが頷けます。

 

薬剤師が活躍する所は、薬局、病院や診療所、医薬品を製造、販売する企業、医薬品を販売する一般の店舗そして学校などがあります。

 

学校には学校設備の衛生管理を行うために薬剤師を置かないといけないとの定めがあるのです。

 

中でも身近な薬剤師といえば薬局や病院で医師が作った処方箋をもとに薬を調合する人ですが、様々な所で活躍している事が分かります。

 

また、薬局ならば薬の調合等が多く薬剤師としても経験が積める反面、ドラッグストアなどの医薬品以外の品物も販売している所では薬剤師としての仕事以外に食料品や飲料などの重い荷物を運んだり商品の在庫管理をやったりと、薬剤師アルバイトとして描いていた仕事とはかけ離れた仕事をする場合もあるので、仕事内容についてはよく確認する事が大事です。

コメントは受け付けていません。