厚生労働省が考える薬剤師アルバイト

医師不足の声を聞いて、かなりの年月が経ちます。

 

厚生労働省はこれに対して、少なくても慢性的な疾病を抱えている患者に対しては、薬剤師が対応できる体制を整えようとしているようです。それと、特定保健指導が義務化されています。

 

特定保健指導を行うのは保健師とありますが、現実はあまりにも人が不足してます。

 

厚生労働省により資格を与えられた保健師の数が足りないのが現状です。

 

本来、公衆衛生活動を行う地域看護の専門家の役割は保健師にあるのですが、この役割を看護師や薬剤師に担わせるよう厚生労働省は検討しているようです。薬剤師の需要は増すでしょう。薬剤師アルバイトの必要性を感じてしまいます。

 

また、医師から処方された点滴の内容確認や管理や患者への説明などは、本来薬剤師の仕事でありますが、看護師が担っています。

 

看護師も不足していますから、薬剤師の需要は大幅に増える可能性があります。薬剤師アルバイトの必要性を感じます。

 

また、薬科大学は都市部の集中している為、卒業後も学生時代の六年間過ごした都市部に居ついてしまうので、地方は慢性的な薬剤師不足だとも言われています。

 

大きな病院は、その殆どが都市部にあります。

 

次々と薬科大学が増設されてはいますが、つまり地方は医師や看護師と共に薬剤師も不足していると言ってもいいのではないでしょうか。

 

やはり、薬剤師アルバイトの必要性を感じてしまいます。

 

見かけ上供給過多になっている薬剤師が、折角資格を持っているにもかかわらず薬剤師としてではなく働くことが多いようです。

コメントは受け付けていません。