薬剤師の制度

薬剤師アルバイトの基礎として、先ず薬剤師の資格がなければなりません。

 

薬剤師の資格は、大学で薬学の勉強を六年間し、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。

 

薬剤師国家試験は、厚生労働省が行う国家試験です。

 

そして、やはり厚生労働省が管理する薬剤師名簿に登録することにより、はじめて薬剤師の資格が与えられ、薬剤師としての活動ができます。

 

合格率は国家試験としては低くないのですが、薬学の勉強を六年間した人が受験するのですから、決して楽なものとは言えないでしょう。

 

似たような資格に登録販売者というのがあります。こちらは公的資格です。

 

民間団体などが実施し文部科学省や経済産業省などが認定したものが公的資格です。

 

登録販売者は、基本的には薬局では働けません。

 

 

登録販売者は第一類の薬品を扱えませんので、コンビニエンスストアーなどで第二類までの医薬品を販売することが活動のメインとなります。

 

薬剤師アルバイトの基礎として、このあたりをふまえてください。

 

薬剤師の制度がいくつかありますので、挙げておきます。

 

漢方薬生薬認定薬剤師、実務実習指導薬剤師、小児薬物療法認定薬剤師、認定定薬剤師などです。

 

これら薬剤師の制度を考慮することによって、より高額で安定した収入が期待できるでしょう。

 

しかも、勤務先が衛生的であるのもいいですね。

 

薬剤師はアルバイトとしての勤務が可能です。

 

薬剤師アルバイトをする方は、このような薬剤師の制度を頭に入れておくのは、重要なことかもしれません。

コメントは受け付けていません。